Welcome

インフォメーション

2019-05-31 16:48:00

経営コンサルタント・FP 前田紳詞氏による、名古屋の人気長寿講座「5年10年先を見通す未来トレンド講座(前田世界経済時事教室)」約90分の講座の最新号です!

今月の特集は新春スペシャル企画 2本立て!

特集①「2019年を占う」
2018年を振り返り、2019年を展望します。
今年は日本開催の世界的イベントが目白押しですが、日本への影響はどのようなものでしょうか?
また政府リポートは日本の未来をどのように示唆しているのでしょうか?
前田氏の切り口で読み解き解説します。

特集②「最新香港・中国深セン視察報告」
写真を織り交ぜながら、スマートシティ都市深センの発展ぶりや香港との違いを見ていきます。

ビジネスや投資のネタが満載です。

後半は世界のニュースを地域別に解説、また経営コンサルタントの視点で気になるニュースやネクスト・ソサエティ(近未来予測)ニュースをピックアップしています。

メディアを騒がせているニュースから、ほとんどメディアで取り上げられないのに未来を見通すためには見逃せないニュースまで、盛りだくさんでお届けします。
お楽しみに!

マネジメントで有名なドラッカー氏による”社会生態学”を基本としながら、世界で起きた過去1カ月間の出来事・ニュースをまとめて解説します。

なぜそんなことが起こったのか?という過去の背景から世界中の出来事・ニュースを理解できることはもちろん、今後どうなっていくのか?どんな影響が及ぶのか?という未来予測にも役立ちます。

ビジネスヒントになるものから投資やトレンドに至るまで、幅広いトピックを網羅していますので、経営者やビジネスパーソンはもちろん、主婦の方でも十分満足いただける内容です。

ご不明な点がございましたら、ザ・ヴィジョンクエスト株式会社 問い合わせページ http://nagoya-kakeikaizen.com/contact/ からご連絡いただきますよう、よろしくお願い致します。

<講師 前田紳詞(まえだしんじ) プロフィール>

前田マネジメント代表、(株)マイビジネスクリエイトオフィス取締役、NPO法人 人材育成支援ネット理事、一般社団法人ハンパン(韓方)スタイル協会代表理事 

経営コンサルタント・キャリアコンサルタント、日本FP協会認定ファイナンシャルプランナー、ロングステイ財団認定ロングステイアドバイザー、ドラッカー学会員

ドラッカー理論を基にしたマネジメントや人事開発、経済や金融に関するセミナーや研修を全国各地で開催。
年間講演回数150回以上。
また企業の経営戦略の立案や人事に関するコンサルティングも行う。

1967年名古屋市西区出身。
中央大学経済学部国際経済学科卒業後、 (株)TKCにて会計事務所に対するシステムコンサルティング担当。
その後、ダボス会議グローバル100ランキング(2012年)で10位のスウェーデンのグローバル企業アトラスコプコ(株)に転職。トヨタ、ホンダなどの海外進出プロジェクトやアジア地区マーケティング活動に従事。

 


2019-05-31 16:46:00

香港深センから戻り朝から三重県津市で一日社員研修

造船所初めて社員多いので同じ内容を六回。

 


2019-05-31 16:43:00

香港から単独で中国深センに行って
現地の最新IT状況見に行ってきました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、夜

香港から先日できた高速鉄道で
中国深センへ移動

あっという間に深セン到着予定

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、室内

中国内はGoogle,Line,Facebookが通信規制対象で接続できないが

香港のsimカード使えばローミングでアクセスできる。最初は上手くつながらなくてスマホ再起動したら繋がりホットした。

2Gパケット使いすぎると使用できなくなるため閲覧だけに使用。

深センは予想以上に進んでいて、

パッと見、街は汚く日本より後れているように見えるが
あらゆるものがキャッシュレス化されている。

上海よりも進んでいて、自動販売機はほとんど現金使用不可。
お店も使えなくなって来ていて外国人旅行者にら辛い。

自動販売機もなかなか上手い生オレンジジュース製造機や口紅、
自動サービスはカラオケマシーン、マッサージチェア、スマホ充電バッテリ貸出など、全てQRコードで使う。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、画面、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、電話
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

深センが進んでいるのは交通網が電動化されているところ

車が、いっぱい走っているのに町中はすごく静かで気持ち悪い感じ

車の後ろを、見ると分かるがかなりのクルマに排気パイプがない、
つまり電気自動車

バイクは電動化されているが
公共バスも全て電気

タクシーもしかり

自家用車も中国のBYD製電気自動車がかなり走っている。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、木、高層ビル、車、屋外


他の中国都市と深セン違うのは

年寄りがいない。

何も無かった町が経済特区になりはってんしていったので歴史がなく
ほとんどが工場で働くため移り住んできた人たちの系統だから平均年齢もかなり若い。
上海はすでに高齢化社会に突入してきているのと真逆

観光するところがあまりない。

昔は工場、いまはITと産業の街なので
観光地はあまりない。産業見るならすごく面白い。
電気街は秋葉原の30倍だそうでドローンが飛び交い見たことのない電子製品もある。

景気が良い。

中国経済は昨年から大量の不良債権とネット経済への移行が重なり、景気がかなり悪化。これと米国の金利引き上げが重なり昨年は世界の株価が荒れ放題。

深センはリーマンショックで大打撃を受け世界の工場地位が崩壊し治安がかなり悪くなった。外も歩けないと言われたが、いまは全然大丈夫。ITで完全復活したから。

これからのトレンドはAIとIotを使ったスマートホームでこれに関するものが電気街でかなりありました。

香港化する深セン。
高速鉄道完成で香港、深センが日帰りで安く簡単に行き来できるようになった。電車内も深センから香港へ日帰りで遊びに行く人でいっぱい。

物価は香港の半分で日用品とかも買えるから香港人も買い出しに来るかも。

まるでシンガポール、マレーシアような感じ。

中国考えるときに国単位で考えていたが、国や経済規模もデカイので省単位で見たほうが良いかと。

深センは広州を一つの国単位で出見る必要がある。

画像に含まれている可能性があるもの:高層ビル、空、夜、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:高層ビル、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9