韓国・忠清南道セミナー&交流会2015/10/13 (一社)ハンバンスタイル協会主催 (2015-10-26)

前田が代表を務めるハンバンスタイル協会がMOU締結をしている檀国大学校特別セミナーと情報交換会が、先日、10月13日(火)に東京で開催されました。

檀国大学校は韓国の忠清南道行政エリアにあります。
忠清南道はソウルの南にあり、温泉施設や、大型の総合韓方病院、独自の健康的なグルメなどヘルスツーリズムに関連する施設が数多くあります。

セミナー第一部では、檀国大学 李ジョンマン教授から、忠清南道の牙山(アサン)市について説明がありました。

教授は温泉と韓方と絡める研究をしています。
牙山(アサン)市は、温泉の中に大田大学校韓方病院の分院があり、浴泉の後、病院で鍼や灸の治療を受けることができるようになっています。自然休養林があり、散歩や運動などの森林浴などをすることで疲労回復が可能です。
他には、世界花植物園があり、3,000種類ほどの花が鑑賞できます。「花びらビビンバ」というものがあり、ぜひ食べに来てほしいと話していました。

第二部では、大田大学校天安韓方病院の安テグウォン院長から、韓医学と四象医学についての説明がありました。

教授は、認知症の研究をしていて、パーキンソン病の患者は、身体のどこに熱が生じているのかなどを研究しています。
鍼の種類をはじめ、その効果についての話もあり、脳の変化など写真を見ながらわかり易い説明でした。

韓方医学の世界化に向けた標準化や科学化を推進している話しは、国を挙げての協力体制を感じました。

懇親会で、李教授と安院長は、講演後の感想として、日本の一般の方々の韓方(ハンバン)への関心がとても高く、感動したと述べられました。

愛知県名古屋市中区栄4-3-26 昭和ビル3F
サイドメニューTOP

おもな対応エリア

全国、愛知、名古屋、東京、横浜、大阪、京都、神戸、福岡、札幌、仙台、岐阜、三重、静岡、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、東海市、大府市、豊明市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市