2013年世界経済の展望 (2013-01-05)

相変わらず、今年の景気予想なるものが、新年になると雑誌や新聞で出てきますが、
これまで当たったためしがない。

予言の能力がなければ予想は当たらないので、

個人的には、いつも最新の現地情報をもとに世界経済の状況を考えています。

世界経済、マスコミや世間が言うほど暗くないですよ~。
新興国は悪いと言っても、プラス成長が多くの国で継続中。

ドバイは、現地行くと、バブル崩壊の影響は終わり、再び拡大路線に突入。

世界経済不安震源地の欧州でも、

景気は悪いが金融部門は崩壊を免れ、安定。

米国もニューヨークとかの東海岸は悪いが、
ITの多い西海岸は絶好調。
エネルギー資源とラテン系の多いテキサスなどの南部も好調。

中国は地方財政は不良債権だらけでボロボロだが、

北京、上海の不動産は回復の兆しが出て、
中国全体では個人消費も拡大中。

「景気は気から」と言いますが、
日本は暗い民主党政権が終わり、
アベノミクスで明るい雰囲気は出てきている。

年末は各製造現場の話しを聞いていますが、
海外の輸出関連も、マスコミ的には悪いと言われる業種でも
予想外に好調。(円安の影響前からの話し)
欧州企業系でも、生産、販売状況は落ち込んでいるが、
やはり新興国等で何とかカバーできている。

これが現在の世界経済の現状。
悪い所もあれば、
いい所、明るい兆しの出ているところもあって
全体としては明るい雰囲気が出ています。

半年後は分からんが、今の状況が拡大していくことを願います。

愛知県名古屋市中区栄4-3-26 昭和ビル3F
サイドメニューTOP

おもな対応エリア

全国、愛知、名古屋、東京、横浜、大阪、京都、神戸、福岡、札幌、仙台、岐阜、三重、静岡、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、東海市、大府市、豊明市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市